初高速道走行

昨日は実家まで走ってきました。
距離は片道60kmくらいかな?

加速は時速100kmくらいまでは順調でした。が、それ以上となるとちょっと反応が悪いなーという印象です。出るんですけれどね。エンジン音だけでは静かなのでしんどがっているのかどうかがわかりづらいです。ついつい1500ccということを忘れてより要求してしまうようです。

ハンドル操作に対する足元の反応は総じてスムーズ、滑らか~な動きです。

海沿いの道を走った時は、ディンゴに比べて横風を受ける感じが少なく横滑りしないので快適でした。まあディンゴとは車高が10cm違うので当たり前かな?
余談ですが、ディンゴは163cmで、立体駐車場は160cmまでというところがあり入れられないことがありました。(←無理やり突っ込もうとして屋根こする寸前でやめた経験あり^^)
ティーダは153cmなのでそこのところは大丈夫でしょう。

運転しているときの車両感覚はちょっとつかめてきたかなーと思いますが、車内にいて左端までの距離はずいぶん広く感じます。やはり左側、特に左後ろをこすらないように気をつけないといけませんね。外にでて車を見るとあーやはりコンパクトカーだなぁと思うのですが、車内に居るとそんな感じのしない車です。

高速でカーブ走行したときはお尻もしっかりくっついてきて、ストレスは少なかったです。

10日乗っていまだにちょっと困っているのがシートポジションで、座面が高いような気がします。もうちょっと下げたいなーと思ってレバーをいじるとストップしてしまい、え?!この位置で一番低いの?という感じ。その位置でイスを後ろにしたり背もたれを倒したりして調整していますが、下手すると腰にきます。(もともと腰は悪いんで、よけいですね)あとはちょっとハンドルとシートの間が狭いかな?慣れてくるだろうとは思うのですが、まだなんだかしっくりきません。

ティーダとの手探り(足探り?)蜜月はまだ続きます。
[PR]
by tiidannosaurus | 2005-11-15 00:03 | くるま
<< ナビとのつきあいかた 初燃費チェック >>