やはり腰が痛い

ティーダのシートは当たりが柔らかくて座った直後はよいのですが、座り続けていると腰~臀部が沈んでしまいます。また、背もたれにも座面にも真ん中に縫い目があってへこんでいるので、よけいにその部分の圧がさがり背骨が吸い込まれる感じになります。

もともと座位は腰部への負担の大きい姿勢ではあるので、長時間の座位そのものが腰痛の原因になります。

脊椎はもともと生理的彎曲があり、腰椎は前彎しています。その彎曲を保てれば多少は腰痛を緩和できると思うので腰が沈んでしまわないような工夫をしようと考えています。

今日の運転では薄い座布団を折って腰にかませ、彎曲を保てるよう工夫しました。違和感がありますが、腰痛はましでした。車用のランバーサポートを真剣に購入検討中です。

某サイトで、ティーダのシートは腰痛持ちにはお勧めしないと書いてあったのですが、わたしもこの数週間で同じ思いを持ちました。腰に何の問題も無い人は感じないのかもしれませんが、腰痛持ちにはもっと腰部がしっかりしたシートのほうがいいと思います。

新車がきてうれしいのですが、乗りたいのにいまひとつ乗る気になれないという心境はこの問題をクリアしないと解消されないような気がします。

※わたしの既往歴との兼ね合いが大きいので、感じ方には個人差がありますことご了承ください。
[PR]
by tiidannosaurus | 2005-11-29 21:27 | くるま
<< 苦肉の策 シート >>